カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

ストラップの取付け方法

[ ストラップ取付け説明図 ]

             [ ストラップ 取付け方法 ]
             上記右図の様に、10mmテープの先端を番号,ら順番に通してください。



             多くのカメラストラップは、樹脂製または金属製のアジャスターを使って長さを調節しています。
             取り付けの時、先端の余ったストラップが両側のストラップの間(内側)にくる様に通すことで、
             ストラップが抜けにくくしっかりと固定する事が出来ます。

             しかし、この取り付け方でも使用方法などによっては、
             ストラップが少しずつズレ動いて抜け落ちてしまう場合もございます。
             日頃からご使用前には、ご自身でストラップを引っ張たりしてしっかり固定出来ているかの
             ご確認をしていただく様お願いいたします。
             また、よりしっかりと留められる方法を探される事もお勧めいたします。


             ご自身のベストの長さに調節した後に、ストラップ先端のあまり部分が非常に長くなってしまった場合には、
             ハサミ等にて余り部分を切り取り、その先端部分をライターなどで炙ってほつれ防止処理を行ってください。
             さらに、ライターで炙った後に瞬間接着剤を塗布しておくと、よりほつれ防止効果が上がります。
             ※(作業に、ハサミやライターなどを使用致しますので、指を切ったり火傷をする可能性が御座います、
                ご自身にて作業をされる場合には、十分にご注意してください。)
             しかし、
             季節により衣服の厚さが変わった時に、ストラップの長さを伸ばそうと調節する事も出てくると思います。
             その時に、先端の余り部分を切り過ぎていると、長節幅が少なくなり、ご希望の長さに調節出来ない
             可能性が出てきますので、ストラップ先端余り部分の切り取りは、あまりお勧めいたしておりません。




ページトップへ