カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

長さの切り替え


         このワンタッチ操作での “ 長さの切り替え ” が、『 2DE 2Way カメラストラップ 』 の最大の特徴となります。

       2DEの考える一番疲れにくく安全にカメラの持ち運びが出来るスタイルは、オーソドックスな “ たすき掛け ” であると考えます。
       『 2DE 2Way カメラストラップ 』 は、“ すき掛け ” 時の使い易さが基本となっております。


       基本ポジション(撮影者様自身に一番合った長さ)は、
       “ 長い時間カメラを掛けていても疲れにくく、尚且つ一番安全に持ち運べる自分自身に違和感の出ない長さ ”
       この基本となる自分自身に一番合う “ しっくりとくる長さ ” の調整は、
       ストラップ両端の10mmテープ部分に取り付けられているアジャスターにて長さの調節をしていただきます。


       後は、『 “ 20cm ” の長さの切り替え 』 が “ 劇的 ” にカメラの使い易さを変えます。


       撮影すなわちファインダーを覗く時だけ、ワンタッチのバックル操作で、ストラップの長さを変化させる事により
       “ 長さ制限 ” の拘束から解き放たれ、どんな方向にでもファインダーを覗く事が可能となり、
       自由度の高い撮影ポジションをとっていただく事が出来ます。
       そして、撮影が終われば、ワンタッチの操作で、また自分の “ しっくりとくる長さ ” に戻していただけます。

       “ 20cmの長さの変化 ” が、撮影時に違和感のあったストラップの短さによる拘束から解き放たれます。
       そのストラップの “ 長さ制限 ” の拘束から解き放たれるのは、「 長さ20cm 」 あれば十分です。
       基本スタイルの長さより “ 20cm ” 長くなれば、撮影時のストラップの存在に何の違和感もなく
       撮影する事が出来ると考えます。

       野外での移動を伴う撮影時のストレス軽減に効果を発揮いたします。
       皆様どうか体感してみてください。


       また、ストラップを長い状態(バックルを開いた状態)にした時にだけ、開いたバックルの間には、表面素材と
       違う裏面素材が見えますので、“ ファッショナブルな個性的アクセント ” としての効果もあります。
        (各モデルタイプの仕様によって異なる場合がございます。)
       あえて初めからバックルを開いた状態にして個性を出したり、特別分厚い服を着た時や、最近ちょっと太ってしまった・・・など、
       それぞれのユーザー様の考え方やセンス、状況によって使い方はいろいろあります。

            “ 撮影の度に開く ” “ 初めから開いたままで使う ” “ ずっと閉じたままで使う ” ・・・
            人の数だけいろいろな使い方があります。



       今までのカメラストラップは、長さ完全固定式と、
       一番一般的な両サイドのカメラを接続するテープ部分(約10mm程)に取り付けられているアジャスターによる長さ調節式
       それとセンターテープ部分にアジャスターや尾錠などが取り付けられてあり、そこで調節する方式
       ・・・ほぼ、この3種類の方法で長さ調整が行われてきました。
       これらのタイプ以外に
       中には、センターテープ部分のアジャスターに“スピードバックル”等を使用する事により簡単動作で長さを変えられるタイプも存在
       しますが、長さ調節が完全フリーである分、一度長さを変えると元の同じ長さに戻すのも目分量になる・・・という事が起こります。
       人というのは、結構自分自身の身体に “合う・合わない” “しっくりくる・しっくりこない” という感覚は、敏感に感じます。

       例をあげてみますと、
       皆様一度は経験された事があると思いますが、“車のシート” や “机のイス” などで、自分の気に入った高さや角度を
       何かの事で一度動かし、その後元の位置に戻した時、動かした分だけ元に戻したつもりがどうも同じ位置に戻っていなく、
       身体にしっくりこなくて何度も何度も調整し直した・・・という経験。
       もし、そのシート・イスが電動シートなどによくあるメモリー機能が付いているタイプであれば、幾ら動かしてもボタンを押せば
       簡単に、全く同じ位置に戻す事ができます。
       その事と同様に、カメラストラップの長さも自分自身に合った持ち運びやすい “身体にしっくりくる長さ” があるはずです。

       撮影の度にストラップの長さを変化させても、また同じ長さに戻す事が出来る
       それが、『 2DE 2Way カメラストラップ 』 なのです。